右手打ち 直す 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗

右手打ちを直すには?

剣道で右手打ちは直す必要があります。
中高年から剣道を始めた方で、右手打ちを注意される方も少なくないように思いますが、竹刀がぶれて狙った部位からズレてしまったりと、何一つ良いことはありません。

 

右手打ち

 

当然、正確な打突に繋がらず1本にもなりにくいでしょう。
一種の癖のようなものですからなかなか矯正するのは難しいものですが、右手打ちは素振りで直すことが出来ます。

 

 

竹刀を振り上げる時は左手で右手を上げる意識を持って、何回も基本の素振りをやることです。

 

 

特に稽古や試合の時に、相手の竹刀を押さえて中心を取るときに右手で押さえるようにしてしまうと右手打ちになりやすい傾向がありますす。
このような時にも竹刀の重さを使って、左手を意識することが大切です。

 

 

特に中高年の方で右利きの人は、左手をあまり使っておらず長年の癖で右手打ちになってしまっていることが多いです。
また、素振りでは上手く出来ていても、実戦での面打ちや小手打ちなど、小さな打ちになると右手打ちになってしまうという人もいるかと思います。

 

 

小さな打ちにおいても、左手から先に始動するようにしなければいけません。
上手くいかないのは、竹刀を振り上げる時に無意識で下げて、その反動で振り上げて打突するという悪い癖があるからです。

 

 

これではせっかく面や小手も遅くなってしまいますし、相手にも読まれてしまいます。
特に出ばな小手のような小さな打ちでは、左手から始動するように意識しましょう。

 

 

ただ、相手の剣先や手元がわずかに上がった瞬間が打突の好機となることから、つい焦って腰の入っていない手打ちになりやすいものです。

 

 

小手打ち自体も技が小さいので、正しい打突姿勢で腰をしっかり入れて、相手の目を見ながら打ちましょう。
小手をみてしまうと打突姿勢も前に傾き正しく打突ができまないのはもちろん、右手打ちになりやすく、相手に小手を打つことが分かり防御や応じの機会を与えることになってしまいます。

 

 

また、お互いの間合いが近くなるので、待って打ちたくなるかもしれませんが、それでは先に打たれてしまいかねないので、こちらが十分に攻めて相手を引き出したところで打つタイミングを見図ると良いでしょう。

 

 

いすれにしても、右手打ちにならないように、左手から始動するように意識を持つことが重要ですので、それには素振りの基本をしっかり守って練習し、身体に染み込ませましょう。

 

大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る >>

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集