刃筋正しく打突 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗

刃筋正しく打突しよう

刃筋正しく打突が出来ていますか?
竹刀を振る方向と刃先の向きが一致することを刃筋が通るといいますが、自分ではどんなに真っ直ぐに振りかぶっているつもりでも、他の人から見るれば曲がっているケースも多いように思います。

 

刃筋正しく打突

 

特に大人から剣道を始めた人の多くは右利きなので、右腕に力が入りやすくなるので、右手を突き出したような打突になりやすいものです。

 

 

このように、刃筋正しく打突ができていないと、一本が決まりにくくなるので、まずは構えを鏡などで確認するといいですね。
その際には、握り方はもちろん、構えた状態から振りかぶって、この時に肘が突っ張ったり、開きすぎていないように注意してください。

 

 

握り方ひとつとっても、基本は左の小指を柄頭に半分くらいかけて、上から握り、小指、薬指を締めて、中指は軽く締め、人差し指と親指は軽く添えるようにするとあります。

 

 

右手も同様に握って右こぶしは鍔よりわずかに離すようにします。
この握り方が振り上げや振り下ろしでも同じように出来ているか、左右の肩や肘、手首の力をバランスよく使えているかが、刃筋正しく振る際のポイントになります。

 

 

ですので、振り下ろしの時には、目線を上にして剣先や左右の手が真っ直ぐに通っているかチェックしてみるといいです。
これをすることで、自分にはどんな癖があるのかが分かり、どのように筋肉を使えば刃筋が通るのか分かってくるかと思います。

 

 

そして、ウォーミングアップで行う素振りや切り返しの練習から、刃筋を意識して取り組むようにすれば、打ち込みや懸かり稽古などでも、太刀筋がこれまでより違ってきて、より完成度の高い一本を身につけることが出来ると思います。

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 武道学園純正館道場 リンク集