裏から攻めて面 コツ 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗

裏から攻めて面を打つコツ

大人から剣道を始めた方は、裏から攻めて面を打てるようにしておくことも必要。
剣道では表裏の攻めを上手く使うことで、技のバリエーションも広がり、パワーに劣る中高年の方でも若い剣士に勝てるようになれるのです。

 

裏から攻めて面

 

裏から攻めて面を打つには、当然、自分の竹刀を相手の竹刀の裏(左側)へと持っていかなけれななりません。
ですが、単純に竹刀を裏に回すだけでは相手に簡単に悟られて、思わぬスキをあたえてしまいかねません。

 

 

そこで表から攻めた時と同じように、裏から攻める場合も相手が簡単に打ってこられないような状況を作っておくことが大事です。
竹刀を裏に回すには、相手の鍔元を攻めることがコツになります。

 

 

相手の竹刀の下側を通りつつ剣先を鍔元ににつけるようにすることで、相手は小手を警戒して剣先を開いてきますから、そのできたスキをすかさず面を打ち込んでいきます。

 

 

注意点としては、表から打つ場合と同じように、身体ごと攻めるようにすることが大切です。
そうすることで相手は警戒心をより強め、いっそう竹刀を開く可能性が高くなりますので、裏か攻める時には、小手を警戒させて、面を打つようにしていくと良いでしょう。

 

大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る >>

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集