構え 癖を直す 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

構えの癖を直す

力んだ構えになっていませんか?
大人になってから剣道を始めた方に、右腕が突っ張った感じになった構えになっている悪癖の悩みを持つ人が多いように思います。
打とうとすると、自分ではそれほど入れていないつもりでも、どうしても力が入りすぎてしまう・・・。

 

癖を直す

 

このようになるのは、右利きの人が多いことに加え、右手が左手よりも竹刀の中心に近い位置で握ることが原因になって、右腕の力に頼って打突してしまうことが多くなってしまいます。

 

 

当然、右腕に力が入りすぎていては、冴えのある一本に繋がりません。
このことは、すでに多くの方が知っていると思いますが、この悪い癖を自分で意識するには、鏡の前で竹刀をどのように握って打突しているのか、まずは確認してみるのが一番ではないかと思います。

 

 

これを改善するには、左手主導で竹刀を握り、左手は添える程度にして素振りをするといいのかなと思います。
そうすることで左右の腕のバランスのとれた素振りができるでしょう。

 

 

更に、基本の足構えも見直すことが必要です。
足幅はこぶし一つ分くらい開き、右足のかかとの線に沿って左足のつま先置き、左足のかかとはわずかに上げておくようにします。

 

 

この基本の位置よりも後ろに下がってしまった状態の構えでは、十分に足が踏ん張れず、良い打突が出来ません。
どうしても、力んだ構えになってしまうという人は、左腕のみで竹刀を握り素振りをしてみるのもいいかもしれません。

 

 

いずれにしても、早い段階で悪い癖を直して、試合で勝てる練度の高い技に繋げていけるようになりたいものですね。('ω')ノ

 

 

大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る>>

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 武道学園純正館道場 リンク集