小手胴 打ち方 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗

小手胴の打ち方

大人から剣道を始めた方は、小手から胴への連続技もしっかり身につけておくと試合でも効果的です。
ただ、実戦での緊迫した状況になるほど、つい胴を見ての打突になりがちですが、胴を打突するときには相手を真っ直ぐみながら行うことが大切です。

 

小手胴

 

これを踏まえて、小手胴の打ち方としては、遠い間合いから相手を攻めて一足一刀の間に入り、小さく振りかぶりながら踏み込んで、小手を打ちます。

 

 

素早く左足を引きつけながら、すかさず振りかぶって面を打つと警戒させて、相手の手元が上がった瞬間に手首を返して胴を打突し、そのまま横を抜けて残身をとるようにします。

 

 

小手胴の打ち方のポイントとしては、小手を打った後に面を打つと見せかける誘いの動作が大切です。
この動きで相手は面を守ろうとして手元を上げ、胴に隙ができやすくなります。

 

 

また、小手を打った後に、左足を素早く引きつけることで次の胴打ちへの踏み込みが速くなります。
こうした小手打ちから面を打つという誘いから胴打ちまでの動きをスムーズに速くひとつの動きにするように意識してください。

 

 

なお、練習では振りかぶりから手の返し、斜め45度の軌道の振り下ろし、相手の前で打突を意識しながら行い、試合の速い動きのなかでも、刃筋正しく正確に右胴が打てるようになりましょう。

 

大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る >>

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集