小手の打ち方 コツ 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

小手の打ち方のコツ

剣道の試合で、自分が攻め勝っている状態から小手を狙う時には、相手の竹刀の剣先を押さえて、戻ってくるところで上から小手にいくことが多いと思います。

 

小手の打ち方

 

ただ、この小手の打ち方は、私の経験からいうと単に横に押さえるようにするのではなく、竹刀を摺り込みながら左斜め下に少し強めに押さえるといいです。

 

 

というのも、真横に押さえた場合は、当然相手の竹刀も真横に戻ることになりますが、左斜め下に押さえるようにすれば、抜いた時に相手の竹刀は右斜め上に動くことになり、小手も上にあがって断然打ちやすくなるからです。

 

 

実際にやってみるとよくわかるかと思いますが、これがコツといえるかもしれません。
また、これは押さえることに限ったことではないでしょう。

 

 

払いなどでも自分がどこをどのようにして打ちたいのかを考え、その打突部位をより打ちやすくするには、相手をどのように動かせばいいのかを考えるようにすれば、押さえや払いなどの方向も自然と理解できるかと。

 

 

そうすれば、力や体力に頼らないでも1本とれると思います。
また、技を出すときには当然、決めるつもりで打っていきますが、決まらなければ最悪打たれないという備えもしておくことも必要でしょう。

 

 

仮に、小手が有効打突にならなくても、そのまま体当たりしていくようにすれば、相手の反撃もくらわないですみますね。
何より、打った後の体勢が崩れないようにすることが大切です。

 

 

足さばきで相手の懐に入って抜けていったり、喉元に突きをつけて反撃されないようにするなど、正しい体勢で小手をうつことが欠かせないでしょうね。
そのあたりの小手の打ち方のコツを、大人から剣道をはじめた方は特にしっかり身につけるとおくといいのかなと思います。('ω')ノ

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 武道学園純正館道場 リンク集