連続技のポイント 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

連続技のポイント

連続技のポイントを理解していますか?
例えば面から面への連続技は、二本目の面を出す時に姿勢が崩れやすなります。
その為、何よりも重要なのが左足の引きつけです。

 

 

右足を前に出したのなら、すかさず逆の足を引きつけて体勢を元に戻さなければいけません。
また、右足にも注意を払っておく必要があります。
というのも、1本目の面を打ちに行った際に右足が伸びきっていると、勢いにブレーキが掛かってしまい二本目の技を出すことが出来なくなってしまうからです。

 

 

そうならないようにするには、下半身を柔軟に使うことで勢いを保ったまま二本目の面に繋げることが出来ます。
これは連続技全般に共通する一本をとる為のポイントと言えます。

 

 

これを踏まえて基本的な面から面への連続技のやり方は、遠間から攻め入って初太刀を決める気持ちで面を打ち、相手に体を退かせ、素早く左足を引き付けて体勢を整え、もう一本目を打ちます。

 

 

いずれにしても、大人から剣道を始めた方は、まずは基本打突の面、胴、小手打ち、更に突きを習得して、これらを繋げることによっ試合や昇段試験でも生きる連続技が出来るようになってきます。

 

 

特に大人から剣道を始めてなかなか上達しない人は、基本打突が確実に習得できないまま行っていることが多く見られます。
そして、基本稽古の目的の一つには、足さばきと合わせて打突の基礎を習得する狙いがあります。

 

 

送り足と開き足のどちらも竹刀を振り下ろした際に素早く引きつけることがポイントで、これが1拍子の打突に繋がります。
そして、素振りには、振り上げと同時に右足を出し、振り下ろしと同時に引き付けるやり方と、振り下ろしの際に右足、左足と動かす方法があります。

 

 

素早く引き付け動作を意識することで、重心がぶれることなく打つことが出来るようになり、これが連続技にも生きくるので、基本稽古を疎かにせず、しっかり正しく取り組むことが何より大切です。

 

 

40代で剣道を始めた人でも昇段できる基本の身に付け方とは?

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 武道学園純正館道場 リンク集