突き技 コツ 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

突き技のコツ

突き技が上手く出来ますか?
大人から剣道を始めた人で、思い切って突きを出せない人も少なくないのではないでしょうか。

 

 

これは面や小手に比べて的が小さく、僅かでも外れると空を突いたり、相手に痛い思いをさせてしまうことがあるからでしょう。
更に、相手に出頭を打たれる可能性があると考えているからかもしれませんね。

 

 

そんな突きは、中段の構えの位置からそのまま真っ直ぐに両手を出すのが基本で、まずはこれを習得すべきでしょう。
この時には、自分の左手を体の中心から外さないことが基本です。

 

 

左手の位置が中心から外れると、相手の喉元の垂れの部分にきちんと突くことが出来なくなるからです。
また、一足一刀の間合いから、面と同様に踏み込み足を使って行いますが、突きが入るタイミングと足が一緒でないといけません。

 

 

そして、腰を入れて足を着かずに一気に突くのがコツです。
上手くいかない人は、殆ど腰が残って手だけで突いています。
これでは剣先は相手の喉元に届きませんし、届いても的が外れやすくなってしまいます。

 

 

これはこわごわ突きを出しているからです。
特に大人から剣道を始めた人に多く見られますが、恐怖心を捨てて足の踏み込みを強くして、体ごと思い切って前に出すことが大切です。

 

 

また、突きの基本通り行い、相手の中心を攻めていれば、相手はそれを外しながら打突せざるを得ません。
ですので、相手の技は有効打突にはならないので、想像するほど危険はないのです。

 

 

更に、突きから面などの連続技も頭に入れておく必要があります。
例え突きが外れたとしても、攻めが十分に利いていれば、相手はひるんでいるので、そこからすかさず面を打つのです。

 

 

そういうつなぎの役割もあるので、突いたらすかさず竹刀を引くことが重要です。
何より、突きっぱなしでは有効打突にはなりません。
何故なら、次の体勢に移る体勢が取れてないからです。

 

 

当然、これでは十分な残心が取れているとは言えませんよね。
突きを放った後は、出した両手を中段の位置に戻しながら、左足を引きつけるようにすることで、相手の反撃にも対応することが出来るようになれるのです。

 

 

加えて、片手突きも覚えてくといいですよ。
遠い間合いだから大丈夫だろうと相手が油断しているところにはとても有効な技だからです。

 

 

この教士八段 林朗 監修の大人剣道・上達プログラムDVDでは、これらの突き技が映像でしっかり学べます。

 

中高年の方でも、試合で一本が取れる突き技をお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集