小手抜き面 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

小手抜き面を得意になろう

小手抜き面は、相手の小手に対して、振りかぶって空を切らせ、すかさず面を打つ応じ技ですね。
大人になってから剣道を始めた方も、稽古をしっかりやって必ず得意になって欲しい技です。

 

 

この小手抜き面は、大きく振りかぶって相手の小手を空振りさせることがコツです。
振りかぶった右手が自分の目の当たりにくる程度しか振り上げない中途半端な振りかぶりでは、相手に小手を打突される危険性が高くなるので、抜くと決めたならしっかり大きく振りかぶることが大切です。

 

 

とは言え、大きく振りかぶればそれだけ竹刀の軌道も大きくなり、抜いてから面を打つのが遅くなってしまう為、相手に対応する時間を与えてしまうことになるので、素早い振り上げと振り下ろしが小手抜き面には欠かせません。

 

 

ですので、大人から剣道を始めた方は、素早く竹刀操作が出来るように練習する必要があります。
小手抜き面が上手くできる練習としては、一足一刀の間合よりも少し近間で構え、面を打つ練習をすると良いでしょう。

 

 

振りかぶった時には足は動かさないでそのままの状態にして、振り下ろす時には右足を踏み出しながら行うようにします。振り上げから振り下ろしまでの一連の動作を止めることなく、素早く行うようにしましょう。

 

 

また、気をつけなければいけないのは、竹刀を振り上げた時に既に右足を出してしまうと、相手に小手を打たれやすくなってしまうので注意して下さい

 

 

とても簡単で、まるで三挙動の練習をしているようですが、竹刀を振り上げたところで動作を止めることなく、一連の動作を素早く行う練習をすることで、大人になってから剣道を始めた初心者の人でも小手抜き面が上達してくるでしょう。

 

 

道場や自宅で簡単な稽古を行うだけで、上達できない悩みを克服できます!

子供の頃からやっている剣士に勝つための「小手に対する面打ち」のコツを伝授。

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集