小手返し面 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

小手返し面は有効打突にしやすい

小手に対する応じ技がうまく出来ていますか?
大人になってから剣道を始めた方でも、小手に対する 返し面はとても有効打突にしやすいので、マスターしておきたい技の一つですね。

 

 

そして、小手返し面は、相手の竹刀の表で受け、竹刀を裏に回して面を打ちます。(中段に構えたときの自分の竹刀の左側が表、右側は裏といいます。)

 

 

その逆も返し面としては成り立ちますが、一時的に自分の小手を相手に見せてしまうことになるので危険と言えます。

 

 

小手返し面を有効打突にするには、まず、相手の竹刀を裏側に入れさせないようにすることが大切です。入れさせてしまうと返し技にならないのはもちろん、相手に小手を打突されてしまいます。
したがって、相手の竹刀を自分の表側で受けるようにするのがコツであり、成功の秘訣です。

 

 

ですが、大人から剣道をはじめた方で、これが上手くできない方は、構えた時よりも右手を身体の近くに引き込むようにして受けようとすることが大きな原因です。もちろん、これでも返すことは出来ますが、小手を斜めから打ってくるような熟練者と対する場合には小手を打たれやすくなります。

 

 

ですので、構えた状態から右前方に剣先を出すように意識して、引き込むよりも前で受けるようにするのが安全と言えるでしょう。
これなら小手を横から打ってくるような試合巧者の相手に対しても、裏に剣先を回す隙間を与えないで済みます。

 

 

経験豊かな剣士に勝つための小手返し面のコツをお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集