大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 鍔ぜりあい 練習 稽古法

鍔ぜりあいからの面

鍔ぜりあいからの面打ちが上手く出来ていますか?
現代の剣道では、鍔ぜりあいが長時間に渡る傾向があるので、その際の面打ちはとても重要なテクニックになります。

 

 

特に鍔ぜりあいで重要なのが、相手をその場に押しとどめることです。そして、相手の動きを封じてから技をしかけることが大切になり、そうしないと引いた瞬間に打ち込まれてしまいます。

 

 

したがって単なる引き技ではなく、鍔ぜりあいからの面は、相手の動きを止めて打つことがとても重要になってきます。
やり方としては、まず、右手のこぶしで相手のこぶしを抑えて、前に出てこようとする動きを封じて押しとどめます。これが打突成功する上では欠かせません。

 

 

そして、相手を完全に押しとどめてから、その場で直ぐに打突するつもりで面を打ちにいきます。右足で強く床を踏み、面を正確にとらえ、しっかり打ち切ってから、竹刀を振り上げて相手の追い打ちが届かないところまで一気に後方へ引き下がります。
相手の状態をみて、スキがあれば次の技を繋げていくようにします。

 

 

鍔ぜりあいからの面の練習(稽古)方法としては、竹刀を持たずに相手とこぶしを交わして鍔ぜりあいを想定した練習をすると良いでしょう。
しっかりこぶしで抑え合い、相手が前に来ようとする動きを制して、相手の動きを抑え込んだら、床を踏んで打ちに行きます。練習では一切引かずに、その場で打ち切るように稽古しましょう。

 

 

なお、鍔ぜりあいから面などの技を仕掛ける上で大切なのは足の踏み込みもですが、打突部位に竹刀がきちんと当たらない点の改善です。 この教士八段 林朗 監修の大人剣道・上達プログラムDVDでは、俊敏な若い剣士相手でも、鍔ぜりあいで対抗できる方法が学べます。

 

若い剣士に試合で負けない為の、鍔ぜりあいからの引き技のポイントを教えます!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集