大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 素振り 練習 稽古法

素振りは最高の1人稽古

剣道の稽古は、殆どの場合に素振りから始めますね。その為か稽古に臨むウオーミングアップとして考えられている人も多いのですが、素振りはそれだけではありません。

 

 

そもそも、素振りを行う最大の目的は竹刀を上手く操られるようになる為の修得にあります。したがって1本ずつ刃筋を意識して、正しい動作で振ることが大切です。
そうすることで、試合での様々な状況でも、竹刀を自由に操られるようになってきます。

 

 

その他にも、素振りは筋力を強化や打突に冴えを出したいなど、それぞれの目的に応じて振り方を変えることで、自分のいたらない部分を補い伸ばすことが出来るようになります。
例えば、剣道の技術を高める素振りとしては、踏み込みや股割り素振りなどがあります。

 

 

踏み込み素振りは、交互に片足ずつ行うもので、下半身の強化や体感を鍛えることが出来ます。股割り素振りは、脚を左右に開いて腰を落として行い、下半身の筋力アップや丹田に力を溜める、正中線を意識するなどの効果があります。

 

 

稽古の始まりだけでなく、日常生活の合間をみつけて素振りの練習をする習慣をつけることで、大人から剣道を遅く始めた中高年の方でも上達は出来ます。
人より多く竹刀を振ったことが、今日より明日と必ずや上達し、強くなる後押しをしてくれる筈です。

 

 

なお、この教士八段 林朗 監修の大人剣道・上達プログラムDVDでは、中高年で剣道を始めた方に適した素振りの基本から、握力が強くない女性剣士の素振りの練習法、両足跳び素振り、股割り素振りなど、剣道に必要なバランス感をレベルアップさせるものや、背筋を鍛える両足跳び素振り等の練習法が紹介してあります。

 

大人からでも絶対に強くなる稽古法

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集