踏み込み コツ 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

踏み込みのコツ

踏み込みがしっかり出来ていますか?
剣道の基本の足捌きに中には、踏み込み足があり、殆どの基本稽古に使われます。

 

 

これがしっかり出来ているかどうかで、レベルが分かると言っても過言ではないくらい、大事な足さばきです。
これは大人から剣道を始めた人にも多く見られますが、より遠くに踏み込む為に強く踏み込むことばかり考えがちです。

 

 

ですが、足を大きくあげて踏み込むわけではなく、強い踏み込みを意識しすぎると、体が沈んだままで、左足の引きつけも上手くいきません。

 

 

あくまで継ぎ足の延長になるので、つま先から出ていって踏み込むようにします。
この時に大事なのは必ず平行移動をすることで、体が上下しないようにすることが大切になるので、相手に向かって右膝を出すイメージを持って行うのが踏み込みのコツです。

 

 

そして、大きく踏み込んで面を打ったなら、即座に左足を引きつけることで、冴えのある打突が出来るようになれます。

 

 

何より、剣道の試合で勝つには、自分にとって近く、相手にとって遠い間合いを作ることが必要になります。
攻める時には物理的はもちろん、心理的にも相手に距離が遠いと感じさせることが大事です。

 

 

この時に、こちらが遠くに跳んで打てる力があれば相手にとって脅威となり、簡単に打ち込んでこれなくなるわけです。
これは大人から始めた方でも、練習次第で十分に出来るようになるので、しっかり踏み込み足を使って空間打突などの稽古をすると良いでしょう。

 

 

踏み込み足などの実践に即した足さばきが学べます!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集