跳躍素振り コツ 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

跳躍素振りのコツ

跳躍素振りを行っていますか?
前後に飛び跳ねながら行う跳躍素振りは、早素振りとも呼ばれることもあり、中高年から剣道を始めた方もでも、スピードや体力強化などの効果もあるのでしっかり取り組むと良いですね。

 

 

そして、上半身での竹刀を振る動作と、下半身の跳躍する動作をバランスよく連動させて行うことで、より試合に近い感覚で行うことが出来ますので、稽古前後のウォーミングアップとしても効果的です。

 

 

そんな跳躍素振りの方法としては、中段に構えた状態から、竹刀を頭上に大きく振りかぶり、左足を鋭く蹴り出して跳躍して、体を前方に運びながら竹刀を正面に振り下ろします。
その後に、右足を蹴り出して体を一歩後退しながら振りかぶり、同じように左足を蹴り出して正面を打つようにします。

 

 

この動作を連続してリズムよく行います。
注意点としては、早く振ろうとして首が下方を向いて力が入ってしまっているう人も少なくありませんが、下腹に力を入れて行いましょう。

 

 

また、左足が右足を越えないように気をつけて、右、左足の順に着地し、前進した時には必ず止まることを意識して行うのがコツです。
ただ跳躍素振りとは言っても、上下動はあまりしないで、摺り足で早く行うようにするのが理想的で、他の素振りと同様に正しい打突の姿勢になり、剣先は相手の頭上に振り下ろすようなイメージで行いましょう。

 

 

いずれにしても、同じ素振りをするにしても、正しいやり方で行わないと悪い癖がついたり、上達もしません。
誰でも歳をとれば体力は若い頃より衰えてきますし、柔軟性もなくなってきますので、新しい体の使い方は覚えることも難しいものです。

 

 

若い人なら体力に自信があるので出来るだけ数多く素振りをして上手くなろうとしますが、年配の方で、すぐに上手くなるような人は、そのような無茶はしません。
自分の体力や弱点が経験から分かっているので、数多く振るのではなく、効果的な練習方法やコツなどを知って一振りを正しく丁寧に行って効率よく上達を目指すのです。

 

 

このこの教士八段 林朗 監修の大人剣道・上達プログラムDVDでは、基本の上下、面打ち、左右、跳躍素振りのコツなどはもちろん、バランス感覚を養う為に体幹を鍛えるのに効果的な踏み変え素振りも紹介してあります。
特に腹筋や背筋、肩の柔軟性、俊敏性などが身につくので、中高年や女性の剣士の方は、普段の稽古にい取り入れることで、関節なども柔らかくなり、これまでの動きも変わってくるでしょう。

 

大人からでも最短でに強くなる稽古法をお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集