出ばな技 コツ 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

出ばな技のコツ

出ばな技が上手く出来ますか?
剣道が他のスポーツと違うのは、身長やパワー、スピードなどの体格や運動神経に勝る若い剣士が、年配の先生に歯が立たないことですね。

 

 

そして、剣道で1本は取るための理想と言われるのは、相手の起こり(出ばな)を捉えることです。
起こりとは、相手が攻めてきたところから打突に入るまでの間で、その機会を捉えれば、例え体格やスピードが劣っていても、相手は打突する為に動いて間合いも詰まっていますから、こちらの打突を避けることが出来ません。

 

 

その為、特に大人から剣道を始めた方が試合に勝つには、相手が技を出そうして動きに転じる瞬間の起こりを捉えて面や小手などを打っていく、出ばな技をしっかりマスターすることが大切です。

 

 

ただ、出ばな技は相手が打ってくるのを待つのではなく、自分が攻めて相手が技を出さざるを得ない状況に追い込み、その起こりの瞬間に打つのが出ばな技のコツです。
つまり、間合いをとる一足一刀の間合いからのせめぎ合いの中で、こちらが攻めて間合いを詰め相手がさがった場合、相手の心理としては、追いつめられて劣勢になるのを避けようとして前に出たいと考えています。

 

 

これを利用して、一度下がった相手が前に出る瞬間に面を打つのです。
また、出ばなを狙うには、間合いをとる攻めぎ合いの中で常に相手を観察しておくことが重要です。
特に相手が後ろに下がった相手が、どのようなタイミングで前に出てくるのかが分かれば、出ばな面なども決めやすいですよね。

 

 

それには、相手が下がったら、出てくる呼吸を掴んで間髪入れずに一気に攻めることです。
この時には、相手の打ち込みに負けないように、小さな振りかぶりから素早く踏み込んで、鋭く正確に面を打って行きましょう。

 

 

この教士八段 林朗 監修の大人剣道・上達プログラムDVDでは、約束稽古の中で面に対しての出ばな面や小手などの応用打突が体得できるように、実演での映像でしっかり解説してあります。

 

大人からでも最短でに強くなる稽古法をお教えします!

体力やスピードなどがなくても試合で勝てるようになれます。

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集