鍔ぜり合い コツ 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

鍔ぜり合いのコツ

剣道の試合では鍔迫り合いになることも良くありますね。
そんな大人から剣道を始めた方が試合に勝つには、相手を崩すことがひとつのポイントになりますね。

 

 

そして、鍔ぜり合いのコツとしては、ますは腰を入れた正しい姿勢で相手のつばを押したり下げたりして圧力をかけてみますが、相手にとっては右斜め後ろは支えがないので、一番崩しやすい方向なので、こちらからしたら左斜め前に崩してみると良いでしょう。

 

 

相手が押し返したりしなければ、そのまま引き面を打てば決まりやすいです。
相手は崩れているので、普通に打突すれば斜面を打て、角度を変える必要もないのでそれだけ早く打てるのです。

 

 

また、相手が崩れてもそのままの状態ではなく、面を警戒して手元を上げることもあるので、そうした場合は小手か胴を打つようにします。
面の前に手元があれば小手を打ち、頭上まで手元が上がっているなら胴を狙うべきでしょう。

 

 

とは言え、相手の方が若く力が強く、逆に圧力をかけられて押し返されてしまうこもあるでしょう。
このような場合は無理に相手を崩そうとするのではなく、相手の押し返してくる力を利用し、それを逃せば相手のバランスを崩すことが出来て、効果的に引き技に繋げることもできますね。

 

 

何度か押してみて、相手を崩そうとしてもダメで、押し返してくるようなら、引き技のタイミングをはかり、相手の力を利用していなすように体を左にさばいて、引きながら相手の右斜面を打突します。

 

 

ただ、打突する斜面に竹刀がきちんと当たらなければ一本を取ることが出来ません。
特に大人から剣道を始めた中高年剣士の方が、若い俊敏な剣士と試合する場合に打突部位に竹刀がきちんと当たらないことがありますね。

 

 

ですが、そのような相手が力が強く、俊敏な若い剣士が相手であってもも、きとんと間合いを考えて練習することで、剣道を遅く始めた中高年や女性剣士でも、一本勝ちすることは出来るのです。

 

 

いずれにしても、歳をとれば体力は衰えて肩などの体の柔軟性も若い頃よりも衰えてきます。
しかし、中高年からでも剣道がすぐに上達する人は、自分の体力なども分かっているので、若い人のように体力に任せた無茶な練習や稽古などはしないものです。

 

 

これは自分の体力が経験から分かっていますので、数多くの素振り稽古などはせずに、一回一回丁寧に効果的な素振りをして上手くなろうとするのです。
ですので、この年齢で始めても、剣道が上手くなるのか不安に思っている人も大丈夫です!

 

 

今の年齢に合った練習や稽古、コツなどを知って正しい努力を続けていけば、若い剣士に負けない上手さと強さを兼ね備えた剣士になることは出来るのです。
体力や運動神経などは若い人にはかなわないかもしれませんが、これまでの人生経験や知識などが、カバーしてくれる筈です。

 

 

この教士八段 林朗 監修の大人剣道・上達プログラムDVDでは、鍔迫り合いで若い剣士に負けない引き技のコツや稽古法などが学べるので、この機会にしっかり取り組めば、勝つ喜びなどを実感することができ、一生涯剣道を楽しめるようになれるでしょう。

 

大人からでも最短で強くなれるコツと稽古法をお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集