すりあげ技 コツ 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

すりあげ技のコツ

すりあげ技が上手く出来ますか?
すりあげ技とは、相手が打突した際に、竹刀のしのぎを使って相手の竹刀をすり上げて打突する技ですね。

 

 

大人から剣道を始めた方も、試合に勝つには表しのぎを使った面すりあげ面や、裏しのぎを使って小手すりあげ面などの応用技を身につけることで差がつきます。

 

 

そもそも大人から剣道を始めた人ですりあげ技が上手く出来ない人は、打突そのものが出来ないというよりは、すり上げ方と、その一連の流れが苦手で難しく感じているのではないでしょうか。

 

 

そんな表しのぎを使ったすりあげ面のやり方は、相手の面に対して、右手の手のひらを左斜め上に向けるようにしてすり上げるのがコツです。
そして、相手の右斜め前に体さばきを使って入り込み、手首を返しながら面を打ちます。

 

 

この時の移動する距離の目安としては、頭一つ分くらいにすると良いでしょう。
一方、裏しのぎの小手すりあげ面のやり方としては、竹刀で半円を描くように、相手の竹刀をすり上げるのがコツです。

 

 

相手の打突にひるむことなく、手を前に出して自分の体の前のほうですり上げるようにしましょう。
手を前に出すことで次の打突に繋がるのです。そして、手首を返しながら相手の正面を打ちます。

 

 

表と裏のしのぎ方と、打突までの曲がれをしっかり覚え、すり上げに対して苦手意識をなくすことはもちろんですが、すり上げ技で一本が取れるようになりましょう。

 

 

なお、大人から剣道を始めた方でも、しっかり基本を理解し、大人剣士に適した正しい練習・稽古方法を順序よくやっていくことで、基本打突が確実に会得でき、連続技・応用打突がしっかり決まり、 試合に勝てる、昇段できる剣道ができるようになってくるのです。

 

 

大人剣士が試合で勝つための技術を効率よく身に付ける方法をお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集