小手胴 連続技 コツ 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

小手胴の連続技のコツ

小手胴が上手く出来ますか?
大人から剣道を始める人は、小手面の連続技が出来るようになったら、その流れで小手から胴に移行する連続技をマスターしておくと良いですね。

 

 

ですが、この小手胴は、小手面あっての連続技であり、上を攻める小手面があるからこそ、下を攻める小手胴も効果的になるのです。また、胴打ちは自らの体勢を崩して打突するので、それだけリスクがあるとも言えます。

 

 

何より、試合で小手面を打っておけば、同じ動きをした時に同じ連続技でくると相手が思うので、そこで小手胴に変化させることで有効打突になりやすくなるのです。
言いかえれな、先に小手面を打たずにいくのは危険が高いとも言えるでしょう。

 

 

そして、小手胴は、必ず相手の竹刀越しに力強く小手を打つ必要があります。
小手が決まらなくても、力強く小手をすることで、瞬発力が劣る大人から剣道を始めた中高年剣士でも、その反動を利用して素早く胴に行くことが出来るようになるんですね。

 

 

当然、小手の打突が強ければ強いほど、反動は大きく、胴に移行しやすくなります。
左足は継がないようにして、その場で右足を踏んで小手打ちにいきます。
ですが、体を左にさばいて裏から小手を打ってしまうと、竹刀を相手に押さえられやすくなり、胴に移るのが難しくなってしまので注意が必要です。

 

 

また、小手を打つた後は、左足を素早く引きつけながら胴を打ち、そのまま歩み足で相手の左側を抜けます。
この時に手の内を柔らかくして、手首を返すようにすれば、スムーズに抜けやすくなるでしょう。

 

 

この教士八段 林朗 監修の大人剣道・上達プログラムDVDでは、基本打突が確実に会得出来るようになれます。

その結果、連続技や応用打突がしっかり決まるようになり、 試合に勝てる、昇段できる剣道が出来るようになれ、大人から剣道を始めた人でも、上手さと強さを兼ね備えた剣士になることが出来るでしょう。

 

大人剣士が試合で勝つための技術を効率よく身に付ける方法をお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集