鍔迫り合い 逆胴 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

鍔迫り合いからの逆胴

大人から剣道を始めた人は、鍔迫り合いから逆胴も覚えておくと良いですね。
この技は鍔迫り合いから面を打つと見せかけて、相手が避けようとして手元を上げたところで逆胴を打つようにするのです。

 

 

どうしてかと言うと、今の若い剣士は、こちらが何かを打とうとすると、とっさに左拳を高く上げて、面や小手、右胴あたりを守るような防御をする人が比較的多く見られるからです。

 

 

そこまで極端ではなくても、体を左に回転させて右胴をあてさせないようにする人もいるんですね。

 

 

このように防御をされてしまうと、空いている部位は逆胴(左の胴)しかなくなってくるのです。
そして、鍔迫り合いから面を打つと見せる攻め方は、ひき胴と同じですが、違ってくるのは右胴を打つ時よりも間合いを取る必要があることです。

 

 

そうしないと、有効打突になりにくいのです。
通常の前に出る胴打ちならば、跳び込み胴を除けば右や左に関係なく、打突後は抜くようにするのが一般的です。
ですが、ひき胴の場合は右胴を打ったらその体勢を保ったまま離脱するのが普通です。

 

 

逆動の場合でも、前に出て胴を打つ時と同じようにする打ち方もありますが一般的ではなく、有効打突になりにくのです。
その為、剣先を右前から左前方に移動させておかないと1本になりにくいことから、懐にある程度余裕が必要になり、距離をとっておかなければいけないのです。

 

 

また、剣道の試合を見ていると、逆動を打った後に左に強く体を回転させてしまい、背を相手に向けて逃げるように離脱する人も見かけますが、これでは無防備になってしまいます。
したがって、体を回転させるのではなく、距離をしっかり取って打突すれば、相手に背を向けて無防備になることもなくなる筈です。

 

 

いずれにしても、こちらが打つ動作を起こした時に相手が面や小手、右胴を同時に守ったり体を回転させるようなら、空いている逆胴を打ちましょう。

 

 

大人剣士が試合で勝つための技術を効率よく身に付ける方法をお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集