小手打ち落とし面 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

小手打ち落とし面は有効打突になりやすい

小手打ち落とし面が上手く出来ますか?
この技は相手より力が劣っていても試合で非常に有効打突にしやすい応じ技ですので、大人になってから剣道を始めた男性はもちろん、女性も必ず得意になって欲しい技ですね。

 

 

そして、この小手打ち落とし面は、本来常に先をかけた攻めを利かせてから決めたい技です。
例え、動き出しが遅れて相手が先に動き出したとしても、こちらはその場で足を軽く踏み込みながら剣先を下げて、中心を押さえるようにすれば相手の小手を消すことが出来るので、力は必要ありません。

 

 

ただ、ここで強く小手を打とうとすると必要以上に剣先が上がってしまい、そこを打たれてしまいます。
先をかけた攻めをしていても、力を入れてしまえば、剣先が上がってしまうので注意が必要です。

 

 

また、しかけ技の小手面打ちは二足の技になりますが、応じ技での小手打ち落とし面は、相手が小手に来たのに対して小手を合わせるので、足を前に出す時間的な余裕もない場合が多いので、殆ど構えたところで右足を軽く踏みながら小手を打ち、そこから面に移るのが最も自然でやりやすいのです。

 

 

ただ、面を打つ時にはやや前に踏み込むようになりますが、相手は小手を打った勢いでかなり接近してきているので腕を伸ばし切ることはできなくなります。

 

 

その為、面を打突する瞬間は手を前に伸ばすのではなく、下ろすようなつもりで行えば良く、そこから残心を示すようにします。
したがって、腕を伸ばしきらずに面を打ったり、踏み込む距離を調節するようにしましょう。

 

 

力の強い若い剣士に負けない、小手に対する面打ちのコツをお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集