小手面 連続技 悪い癖 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

小手面の連続技での悪い癖とは?

大人から剣道を始めた方で上手くなりたいなら、早めに悪い癖などは直したほうが良いですね。
例えば、小手面の連続打ちを繰り返すうちに、逆に小手面が下手になっていく人がいます。

 

 

特に、大人から剣道を始めた方は連続技での小手面の悪い癖が比較的多く見られます。この原因として考えれるのは、面を打つ時に左手が中心線から外れてしまうからでしょう。

 

 

小手面を打った時に心がけるべきことは、中心であるみぞおちに左手をしっかり納めて、とりわけ上から押さえることなんです。
加えて、面を打つた時には左手を伸ばすようにと指導を受けた人もいるかも知れませんが、本当は左手は完全に伸ばさず、多少は肘が曲がっているのが自然なんですね。

 

 

何故なら、左腕が伸びきっていると、左の拳は中心のみぞおちよりも左にずれやすくなってしまい、右方向に剣先が開いてしまいます。
しかも、左足も残ってしまいやすいので、面を打っても竹刀が面金から右に滑り落ちてしまいやすくなるのです。

 

 

こうした小手面の連続技は現役の一流選手の中にも、この悪い癖のある傾向の選手も中にはいますが、それでも1本になる場合もありますが、それは体力があるからです。

 

 

ですが、体力に劣る大人から剣道を始めた人が、小手面の悪い癖をそのままにしていれば上達ができません。
この先も剣道を続けて上手くなりたいなら、早めにこの癖は治しておいた方が良いでしょう。

 

 

いずれにせよ、子供の頃からの長年の剣士とは、駆け引きなどで大きな経験の差があるのはやむをえませんが、正しい技の身に付け方をすれば、大人から剣道を始めた方でも、必ず試合でも負けない「余裕」が生まれます。

 

 

大人剣士が試合で勝つための技術を効率よく身に付けるには?

しっかりとした勝つための技術をお見せします。

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集