手の内 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

手の内を鍛える

剣道での打突に関して重要なもののひとつが手の内ですね。
特に大人から剣道を始めた方は、いくら相手に技が当たっても打ちが弱ければ試合では有効打突として認められないこともあるので、十分な強さの打突が打てるように、手の内を身につけておくことが大切です。

 

 

また、経験豊かな剣士に勝つためには、小手に対する返し面などが有効打突にしやすいのですが、返し技で竹刀を返す時は、手の内を柔らかくして力を入れないようにしないといけません。
力を入れると、相手の竹刀に応じた後の返しが上手くできなくなるからです。

 

 

その為、手の内は柔らかく、加えて手首を強くしておく必要があるのです。
手の内を柔らかくする決まった練習やトレーニングはないので、それぞれが工夫をして手首を柔らかくしておくと良いでしょう。

 

 

その方法ひとつとして、例えば、竹刀を持ちそのままの位置で、肘を曲げずにを竹刀回す練習をするのも手の内を柔らかくトレーニングになり効果的です。
この時に、竹刀の剣先を後ろに回す時は、5本の指で固く握っていたら剣先が後方に行かないので、一差し指と親指の2本を使って回すような感じで行うと良いです。

 

 

また、手首を強くするには、肘を固定し手首だけを使ってのダンベルの上げ下げや、腕立て伏せが効果的でしょう。

 

 

なお、剣道は正しい基本を身につけ、それを継続することで力がつき上達してきます。
これは始めたばかりの初心者に人はもちろんですが、熟練者になっても変わりません。
とは言え、大人から剣道を始めた方がより早く上達するには、限られた時間で効率よく効果的な練習や稽古をすることが何より大切です。

 

 

この教士八段 林朗 監修の大人剣道・上達プログラムDVDでは、構え、手の内、足さばき、素振りなどの基本項目から、基本打突、連続技、応用打突に分けて、一つの稽古を独立して収録されてあり、これを課題別に選択して、一日何項目かの稽古で習得が可能です。

 

稽古時間が取れない大人でも、試合で勝つ技術を効率よく効果的に身に付けられます!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集