ひき胴 打ち方 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

ひき胴の打ち方

中高年の方など大人になってから剣道を始めた方や、ブランクがある方が若い剣士に負けない為には、ひき胴も上手く出来るようにしておくといいですね。
そして、鍔迫り合いからのひき胴を打つ為には、まず相手の手元を上げさせる必要があります。

 

 

その為には、やはり面を打つと見せかけて、相手が避けようとして手元を上げたところに胴を打つのが最も効果的な方法でしょう。
また、それに加え、相手の手元を上から一瞬押さえて、それを押し返そうとした反動を利用して手元を上げさせることを組み合わせるのも良いですね。

 

 

ただ、剣道は相手がいての競技です。鍔迫り合いで面を打つと見せかけると手元を上げる人が多いですが、なかには前に出ることで打ち切らせないようにする人もいるので、試合中に相手の反応など動きを良く見て攻める必要があります。

 

 

また、ひき胴を打っても一本にしてもらえないという人も多いのですが、その原因として考えられのは、強く打っことや、素早く引くといったことが不十分の場合が多いです。
前に出て打つ技もひき技にしても、胴打ちの上半身の使い方は同じなので、真っ直ぐに振り上げたら頭と左肩の間を剣先が通るように打ちます。

 

 

そして、左斜め上から打ち落とすように胴を打つので、おのずと打突後は剣先が下に落ちてしまいますが、そのままの状態にしていると相手に追い込まれた時に対応が素早く出来ません。
また、他のひき技に比べて、ひき胴は打突後に頭が特に下がりやすいので、それらを防ぐ上でも、打突後は剣先を落とさないように心がけ、ひき胴を打った後は、歩み足で素早く相手から離れましょう。

 

 

若い剣士に試合で負けない為の、鍔ぜりあいからのひき技のコツをお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集