大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

ひき小手の基本的な打ち方

ひき小手が上手く出来ますか?
鍔迫り合いからひき面を打つ時は、左足を引いて距離をとり、右足を踏み込むと同時に面を打つのが基本ですが、ひき小手も基本はほぼ同じです。

 

 

ですが違いもあります。ひき面を打つ時は左拳が中心にあるようにしますが、ひき小手は違い、右拳は必ず中心にもってきますが、左拳は左のわき腹の前あたりにしておきます。

 

 

小手は、面や胴に比べて手前にあるので、両手を中心にもってくると、体勢的に打ちづらく強く打てないので、左手をわき腹の前あたりにすることで引き小手が打ちやすくなるのです。

 

 

また、小手は面などに比べて手前にあることから、足をその分引けば良いのではと思う人もいるかも知れませんが、下がる距離が違ってくると相手にも小手を打つのが分かってしまいますし、そもそも打突自体が遅くなってしまいます。したがって、打突の瞬間は左手を左のわき腹の前に引くという意識で行うと良いでしょう。また、振りかぶる必要もありません。

 

 

更に、足の使い方も重要ですね。左足を引くと同時に小手を打ったなら、素早く後ろに退かなければいけないので、右足での踏み込みは基本的にはひき小手では使いません。
右足での踏み込みはかえって相手から離れるスピードが遅くなるからです。

 

 

また、ひき面では送り足で後退しますが、ひき小手でそれを行うと、相手に追いかけられて面を打たれる可能性が高くなります。
その為、もっと素早く後退する必要があるので、打突後は歩み足を使うようにします。

 

 

以上が、基本的なひき小手の打ち方です。
ですが、試合ではこれだけではなかなか決まらないものです。いずれにしてもひき小手を打つ時は、剣先を裏側に移動させないと決まりませんが、ただ剣先を裏側に回そうとしても、伏線なくしては相手はそう簡単に許すはずかありません。

 

 

基本的なひき小手の練習は繰り返し練習することは大切ですが、実践では相手が小手をあけてくれることはないということを頭に入れておきましょう。

 

 

若い剣士に試合で負けない為の、鍔ぜりあいからのひき技のコツをお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集