鍔ぜりあい ひき面 大人剣道・上達プログラム DVD 林朗 練習 稽古法

鍔ぜりあいからのひき面

中高年から剣道を始めた人が、若い剣士に試合で負けない為には、鍔ぜりあいからの引き技をしっかりマスターしておくことが大切ですね。
その中でもひき面は基本の技であり、これが出来ないと応用技を使いこなすことも難しいので、最初に繰り返し練習をして出来るようにしておくことが必要です。

 

 

ひき面の抑えておくべきポイントとしては、足を引くと同時に打つところです。
間合いを左足を使って盗んでおいて、右足を踏み込んで打つので、左足を素早く後ろに退けなければいけません。

 

 

そして、左足の後退と同時に振りかぶって、右足を踏み込んだと同時に面を打ちます。

 

 

ですが、この時に気をつけたいのは、面を打とうという気持ちばかりが先だって、左足を引かずに上体のみを反らせて技を出そうとする人もいますが、これでは面に竹刀が当たったとしても、正しい体勢で面を打つことができないので力も入らず、一本をとることが出来ません。

 

 

したがって、まずは間合いをとることを第一に考えることです。
いずれにしても、つばぜり合いにおいても自分が打つべき間合いを、一足一刀の間合の時と同じように習得しておくことです。

 

 

また、特にひき技では、打突に冴えがないと一本にならないので、その為には、ひき面を打った後は後退しながら手を素早くひきあげるようにしましょう。

 

 

なお、引き技で大切なのは足の踏み込みもですが、大人になってから剣道を始めた人は、打突部位に竹刀がきちんと当たらない点の改善です。 そして、俊敏な若い剣士相手でも、きちんと間合いを考えた稽古をすることで対抗できる方法があります。

 

若い剣士に試合で負けない為の、鍔ぜりあいからのひき技のコツをお教えします!

 

              大人剣道・上達プログラムDVDの詳細を見て見る

 

 

 
購入者の声 大人の強くなる剣道稽古法 リンク集